WATCHMAN Drum Lesson

Home
Livehouse MOSQUITOのステージと音響を贅沢に使用!ライヴを想定したパフォーマンスを全面サポート。

・基礎から始まり、一つずつステップアップしながら自分だけのグルーヴとドラムスタイルの探究に重点を置いた、個性と感性を伸ばすレッスン。

・初心者の方には充実した基礎練習メニューや初級ドラミングを、中級者以上の方には国内や海外のツアーでも通用できるドラミングを伝授!

・テクニックの習得以上に、音楽的な表現力を主眼に置く指導。基本のポップスやロック以外にもオルタナ、ハードコア、インプロ、ファンク、EDM、シューゲイザー、ヒップホップなど各ジャンルに幅広く対応。

・有名な曲から超マニアックな曲、WATCHMAN最高難易度の曲まで、一味違う練習曲にも挑戦しながらスキルアップ。希望曲にも随時対応。

・レッスンによってはセッションやインプロも取り入れ、個人のスキルだけでなくアンサンブルも強化。遊び要素を取り入れた上達サポート。

・ドラム以外のコース(DTM/作曲/編曲/ミックスなど)と週替わりで行う事も可能!詳細はご相談にて案内致します。

・ドラムの上達に応じてLivehouse MOSQUITOで開催されるイベントへの参加や、ドラムを募集している旭川エリアのバンドやミュージシャンへの紹介など、キャリアパスにも対応!

※対象:初心者~中級者まで。基本レッスン:1時間¥4,000(教材費+スタジオ費込み/単発~週1まで自由にスケジューリング/曜日・時間帯応相談)。基礎メニュー中心のハーフレッスン(30分¥2,000)も可能。旭川エリア在住又は定期的に出て来られる方。
お問い合わせ:artelespd@yahoo.co.jp
又は asahikawamosquito@gmail.com(0166-24-8899)

■講師紹介■


WATCHMAN

旭川出身のドラマー、作曲/編曲家、電子音楽家、劇伴作家他。

2018年よりLivehouse MOSQUITOライヴPA兼音楽講師に就任。小学校よりドラム/パーカッションを始め、中学校では吹奏楽部で全国大会出場を経験。高校からバンド活動へシフトし、卒業と同時に札幌へ移住。大学の軽音楽部と札幌の音楽シーンで数多くプレーし、当時の日本デスメタル/グラインドコア・シーン創成期の頂点の一角であったSATANIC HELL SLAUGHTERや、札幌ハードコアパンクの雄the SLANGのサポートなどで日本中に存在感を発揮。

後に上京し、海外ツアーで有名なMELT-BANANAに加入。2カ月に渡る全米ツアーや欧州15カ国ツアーにも幾度と参加し、日本のライヴハウス事情と大きく異なる海外の環境で通用できるドラミングを体得。マイク・パットン(MR.BUNGLE etc/ex.FAITH NO MORE)、デイヴ・ロンバード(SLAYER etc)、スティーヴ・アルビニ(SHELLAC)他からもプレーを絶賛され、ジョン・ゾーンのプロデュースによるレコーディングや今は亡きジョン・ピールのDJによるBBCラジオ生放送ライヴでもプレー。MELT-BANANA脱退後もアメリカのシューゲイザー・ユニットASTROBRITEをサポートするなどコンスタントにプレーを続け、WATCHMAN名義のソロ活動では疾走するエレクトロニカに乗せたプログレッシヴでダンサブルなグルーヴを叩きだすドラミングへと進化。

またTVアニメ「覆面系ノイズ」では劇伴音楽を制作する傍ら劇中バンドin NO hurry to shout; のドラムも担当し、日本人離れしたグルーヴのオルタナビートを披露。他にも山本精一(ROVO/PARA/想い出波止場etc)、増子真二(DMBQ)、テノリオン奏者のルビオラ(HARP ON MOUTH SEXTET)など多彩なミュージシャンとのインプロセッションもこなし、緩急自在のドラミングを会得。

レッスンでは各個人の適性を見極め、長所を最大限伸ばしながら必要最低限の短所克服をサポートし、潜在的な能力の開花にも着目しながら指導。基礎を大事にしながらも、ロジックだけに囚われない直観的な表現力も駆使。作曲・編曲家の観点から、より音楽的なドラミングを指導。教え子からも学びながら、お互いに成長していく事を信条としている。