WATCHMAN.Website
Home Profile  Audio/Movie  
News 
= Discography =
Renew 

◆堀江由衣 "秘密"
(2012年 / King Records)

声優・歌手の堀江由衣による8thアルバム。初回盤 "春夏" "秋冬" も同時発売。TVアニメ「輪るピングドラム」ED "Dear Future by WATCHMAN feat.YUI HORIE" 収録。

Live 
Biography
Discography

WATCHMAN "Earthshift"
(2011年 / Snowstorm)

旭川MOSQUITOで開催された反原発活動家の田中優氏による講演会の為に制作された音源。1日で制作された3曲のアンビエントトラックを収録。今後は会場・期間限定。

WATCHMAN "Demo 2011"
(2011年 / Snowstorm)

ライヴ会場・期間限定の4枚入りラフミックスのデモ音源。次のアルバムに入る候補曲として作られた新曲3曲に加え、"Festivo(New Year Remix)"の4曲が収録。

Works
Tools
Shop 

O.S.T "childhood memoris"
(2010年 / King Records)

TVアニメ「はなまる幼稚園」の2枚組サントラCD。DISC1にはテーマソングシリーズ、DISC2にはBGMシリーズが収録。多彩な音楽性が鏤められ、WATCHMANもエレクトロニカを軸に多数の楽曲を提供。

◆Coaltar Of The Deepers "Dear Future"(2010年 / King Records)

TVアニメ「輪るピングドラム」ED。リンゴデススター/成田忍/渋谷慶一郎など多彩なゲストによるリミックスや各アレンジが収録。堀江由衣ヴァージョンをアレンジ。

Links
Contact

"はなまる幼稚園1〜6"
(2010年 / King Records)

TVアニメ「はなまる幼稚園」のDVD+BDシリーズ。音楽はSadesper Record(NARASAKI & WATCHMAN)。色彩豊かな各BGM・ED・挿入歌などを担当した作品。

WATCHMAN "Invisible Musique =β=" (2010年 / Snowstorm)

1994年から2008年に至るまでの未発表曲集第2弾。アンビエントやエレクトロニカなどを織り交ぜつつ、後半はノンストップでクラブミュージックからドラムプレイへとシフトする2008年の覚醒ライブを再現。

WATCHMAN "Earthwalk / 2010 edition" (2010年 / Snowstorm)

2006年発表WATCHMAN名義初音源の強化盤。全曲リマスターに加え、未発表トラック1曲と、V.A "Hinode Tracks"シリーズより2曲の2010mixを追加。不朽作。

The Sleepwalk "Phantasmagoria I"
(2010年 / Snowstorm)

クラシック音源集第1弾の再発強化盤。リマスターに加えRPG「MOON」の"Reach-Air-Burst!"の2010mixと未発表曲1曲を追加。

The Sleepwalk "Phantasmagoria II"
(2010年 / Snowstorm)

クラシック音源集第2弾の再発強化盤。RPG「MOON」"幻の3部作"復活と、全般的な内容変更により未発表トラック2曲が新登場。

I AM ROBOT AND PROUD "Uphill City Remixes & Collavorations"
(2010年 / & Records)

"Storm of the Century"のREMIXで参加。豪華な面々によるIARAPの側面が満開。

はなまる幼稚園OP "青空トライアングル" (2009年 / King Records)

主役3人の歌とNARASAKIによる轟音ファンシーなOP主題歌EP。WATCHMANはカップリング挿入歌"ぱんだねこ体操"を提供、こちらは反復メロディによる洗脳チューン。

Coaltar of The Deepers "The Breastroke II" (2009年 / Knir + Music Mine)

No Thank Youなどのアルバムから中心にセレクトされたCOTDの後期ベスト盤で、秘蔵ライヴDVD付。WATCHMANはこの中の "Hyper Velocity"の歌詞を書いている。

WATCHMAN "Lotusize"
(2009年 / Sublime Records)

今迄の集大成でもあり、これからの出発点でもあるWATCHMANの記念すべき全国リリース作第1弾は、生ドラムレコーディングとファンタジィポップな電子音の溶解による新指標を提示。満を持しての意欲作。

WATCHMAN "3-Way Future"
(2008年 / Snowstorm)

制作期間6日間にして完成。ドラムを中心とした近年のライブレパートリー中心に編成された新境地と、実験的アンビエントを織り交ぜた変異作。2009年9月までの販売。

WATCHMAN "Demo 2008"
(2008年 / Snowstorm)

The SleepwalkやSadesper RecordなどのREMIXを基調にして編み出された新境地を中心とした最新ナンバーを収録の4曲入りのデモ。ライブ会場にて限定販売され、ソールドアウトにつき生産終了。

WATCHMAN "Invisible Musique =α=" (2008年 / Snowstorm)

1996年から2008年に至るまでの未発表曲集第1弾。アバンギャルド / テクノ / ピアノ曲などの作風を盛り込んだアート色の強い作風。幻の長篇封印曲 "More, Max..."など、知られざる楽曲が多数収録。

The Sleepwalk "The Forest of Foss Darya 〜フォス・ダーリャの森〜 / 2008 edition"
(2008年 / Snowstorm)

2001年発表の名盤を全曲リマスターし、3曲の最新曲を加えて久々に再発。空想的フューチャーグリーンポップが疾走。

The Sleepwalk "Upon A Brown 〜エルフの死〜"
(2008年 / Snowstorm)

2003年発表代表作の再発盤で、全曲リミックス / リマスター / リアレンジに加えて未発表曲や新曲などが追加された大作。

"とんがりボウシと魔法の365にち"(2008年 / Konami + Vanpool : Nintendo DS)

ヒットとなったNintendo DS用ゲームソフト。3パターンのBGMを提供。8bitという制約の中、エレクトロニカポップやドラムンベースやアンビエントを手掛けた。

Coaltar of The Deepers "EP Box Set 1991-2007 / Knir + Music Mine)

今では入手困難な貴重なシングル多数と最新"Bare e.p."が収められたEP BOX。この中の"Mouse e.p."で作詞とシンセで参加。

Coaltar of The Deepers "Yukari Telepath"
(2007年 / Knir + Music Mine)

COTDにとっては5年ぶりの大作アルバム。シンセサイザーやアレンジや歌詞やブックレットアートワークなど、随所に参加。

Coaltar of The Deepers "Tortoise e.p."
(2007年 / Knir + Music Mine)

先行販売されたCOTDの4曲入りシングル。ハンドソニックとシンセサイザーで参加。ヘヴィネスとエレクトロが同居した余興。

The Sleepwalk "Phantasmagoria III"
(2007年 / Snowstorm)

5年ぶりに発表された新作にして秘蔵音源集シリーズの第3弾。新曲 "D.N.A Love"や "Snowman"の新バージョンなど、知られざる封印音源が新たに発信された。

V.A "Hinode Tracks 2007-2008"(2007年 / Knir)

アンビエント・サウンドスケイプ集第3弾。01"Europa"と05 "J-N-M"の2曲を提供。WATCHMANのアブストラクト路線とは対照的に、NARASAKIはビートを導入。

"どこでもヨガ"(2007年 / Konami + Vanpool : Nintendo DS)

Nintendo DS用ヨガ教材ソフト。ドローンアンビエントやオリエンタルなニューエイジ風BGMなど、ヨガの動作や静止に合わせた3パターンの断片曲を提供。

Watchman "Snowelfa (salisbury mix)" "Kera-Ma-Go (watchman remix)" The Sleepwalk "Into The Green"(2006年 / Olio Music)

期間限定ネット配信されたWATCHMANとThe Sleepwalkの幻の"3部作"。

WATCHMAN "Music for Inside"
(2006年 / Snowstorm)

ファイバー・アーティストMika Yajimaの個展 "INSIDE-Blue Flower Project vol.2"用に制作された2ndアルバム。全編ノンストップのトランシーなエレクトロニカダンスナンバーが詰まった初期代表作。

WATCHMAN "Earthwalk"
(2006年 / Snowstorm)

WATCHMAN名義による最初の自主音源。アンビエントやエレクトロニカをベースとしたスペーシーでトランシーなコズミックヒーリングウェーブが詰まった1st。

V.A "Hinode Tracks 2006-2007"(2006年 / Knir)

アンビエント・サウンドスケイプ集第2弾。06〜09 "Aurasing" " Starcube" "One" "Flora"の4曲を提供。メロディックな前作に比べて、よりドローンな方向へシフト。

The 発信テレパシーズ "Last Album" (2006年 / Black Star)

高橋圭一を中心としたキラーニューウェイブバンド、The 発信テレパシーズの1stアルバム。マスタリング作品。デジタルポップな質感を全面的に詰め込んだ快作。

Coaltar of The Deepers "Forever"
(2005年 / Knir + Music Mine)

2004年に新宿LOFTで行われた2DAYSのライブ映像を中心に編集されたCOTD初のDVDとCDによる作品。このライブの2日目にてゲストとしてシンセサイザーをプレイ。

Melt-Banana "13 Hedgehogs(MxBx Singles 1994-1999)"
(2005年 / A-Zap)

Melt-Bananaによるシングルコンピレーションアルバム。シングル "Dead Spex"からのラストの4曲でドラムをプレイ。

V.A "Hinode Tracks 2005-2006"
(2005年 / Knir)

アンビエント・サウンドスケイプ集第1弾。NARASAKI / AKIRA NAKAYAMA / WATCHMANの3人が参加。06 "3RD5th"と08 "Pralov Thoughts"の2曲を提供。

Sadesper Record "A Sort of Sound Track for U.F.O"
(2004年 / Knir + Music Mine)

God x Dog Production制作の映画 "U.F.O."のサウンドトラック盤として発表されたSadesper Recordの2ndアルバム。COTDの幻トラック "Siesta"のPVも収録。

Coaltar of The Deepers "Penguin e.p."
(2004年 / Knir + Music Mine)

デスメタルやインダストリアルへのアプローチを見せたCOTDの4曲入りシングル。"Wipe Out"と "Dead by Dawn"のシンセサイザーを担当。この作品から音源参加。

Coaltar of The Deepers "Mouse e.p." (2004年 / Knir + Music Mine)

ライブ会場で限定販売されたCOTDの4曲入りシングル。"Cranival"の作詞、 "Syunkan Thrill In"のオーケストパート、 "Frontier"のシンセ・アレンジに携わる。

Nemo "Recorders"
(2004年 / Real Life Recordings)

実験的進化系エモコアバンド、Nemoのフルアルバム。緻密な構成力と緩急揺さぶる轟音の波とインテリジェンスが炸裂。フロントジャケットはNahtのSEIKI氏によるもの。マスタリング作品。

Trademarks "Trademarks"
(2004年 / Less Than TV)

We Are The WorldやPaumeのメンバーが中心となって結成された女性ハードコアトリオTrademarksの1stアルバムにしてLess Than TVレーベル復活第1弾。マスタリング作品。バンドは惜しくも解散。

V.A "This is Pop!"
(2004年 / Instant Tunes)

以前、共にAir-Laboに所属していたThe WarmのHtwのレーベルであるInstant Tunes主催によるコンピレーションCD。Nemo / 2Up / Gnawnose / The Warmなど収録。マスタリング作品。

The Sleepwalk "Upon A Brown"
(2003年 / Snowstorm)

NARASAKIやDiveのメンバーや元メンバーのMAMIなど、多彩なゲスト参加によって構成された2ndアルバム。前作同様、疾走する空想感と美しいメロディが詰まったエレクトロ・シューゲーザー・ファンタジィ。

Astrobrite "Super Crush"
(2002年 / Music Mine)

LovesliescrushingのScott CortezによるシューゲイザーユニットAstrobrite(USA)の2ndアルバム。サポートミュージシャンとしてドラマー参加。シューゲーザーの醍醐味がぎっしり詰まった名盤。

Coaltar of The Deepers "Newave"
(2002年 / Cutting Edge + Avex)

COTDの2002年発表のアルバム。ワールドミュージックやテクノも網羅した意欲作。代表曲 "Hyper Velocity"や "Snow Again"の歌詞を提供。COTD初参加作品。

The Sleepwalk "Phantasmagoria"
(2002年 / Snowstorm)

過去のデモテープからのベストセレクションを集めたクラシック音源集第1弾。The Sleepwalkの歴史を網羅した形で発表。代表曲 "The Sleepwalk"など13曲が疾走。

The Sleepwalk "Phantasmagoria II"
(2002年 / Snowstorm)

"Phantasmagoria"に引き続いて発表されたクラシックセレクション第2弾。よりダークでプログレッシブで実験的な曲や、生バンド編成時代の曲などを絡めた裏盤。

V.A "The Sketches of Moondays 〜we kept our promise to you〜"
(2002年 / ULF + Love-De-Lic)

伝説のRPG "Moon"のメモリアルCDボックス。The Sleepwalkは "Warp-Wet-Woods"のREMIX他に参加。

The Sleepwalk "The Forest of Foss Darya 〜フォス・ダーリャの森〜" (2001年 / Snowstorm)

単独音源としてはデモテープ以来、5年ぶりの新作にして事実上の自主1stアルバム。疾走感と展開力のあるエレクトロ・シューゲイザー・ファンタジィを具現した名盤。

Melt-Banana "Teeny Shiny"
(2000年 / A-Zap)

前作以来、再びセルフプロデュースによって制作さた4thアルバム。超高速ドラムンベースやブラストビートが多用され、サウンドは更に直線的にハイファイノイジーポップへと進化。在籍時最後の音源。

Melt-Banana "MxBx 1998/13000 Miles At Light Velocity"
(1999年 / Tzadik)

1998年の全米ツアー中にレコーディングされたJohn Zornプロデュースによるスタジオライブアルバム。ライブ同様の爆発的なテンションで収録。デザインはIkue Mori。

Sadesper Record "Externalization I"
(1999年 / God's Pop)

COTDのNARASAKIとの電子音楽ユニットSadesper Recordの名盤1stアルバム。ジャケットは漫画家の古屋兎丸。

V.A "sf //spiritual fantasy//"
(1999年 / God's Pop)

Sadesper Recordとして参加した初音源のアンビエントコンピレーションCD。01 "Pink / Blue"を提供。06 "Requiem"はNARASAKIによるトラック。他にもSugar Plantなど合計6アーティストが参加。

Kyo "Wonderful Days, Wonderful Life"
(1999年 / Cutting Edge)

D'ELRANGERのヴォーカリストKYOの3曲入りシングル。Sadesper Record名義でNARASAKIがアレンジや作曲、WATCHMANがドラマーとして参加。

V.A "Ten Plants"
(1999年 / Aqua + Biosphere)

ファイナルファンタジー / イース / ときめきメモリアル / ボンバーマンなど、ゲーム音楽界の作曲家の作品を集めたコンピレーションCD。The SleepwalkはThelonius Monkyesのゲストボーカルと歌詞を提供。

Melt-Banana "Dead Spex"
(1998年 / A-Zap)

疾走感とアヴァンギャルドとポップが結合した、風を切るように突き抜ける4曲が入ったMelt-Bananaのアナログシングル盤。WATCHMANらしいドラムが炸裂。

V.A "Musique Non Stop A Tribute to Kraftwerk"
(1998年 / Toshiba EMI)

東芝EMIよりリリースされたクラフトワークのトリビュートCD。Melt-Bananaは "Showroom Dummies"の奇抜なカヴァーで参加。WATCHMAN加入後の初音源。

Melt-Banana "Charlie"
(1998年 / A-Zap)

レコーディングからミックスまで、全てをセルフプロデュースで行ったMelt-Bananaの代表作でもある3rdアルバム。"taen-taen-taen"のアナログシンセサイザーでゲスト参加。後にバンドへ正式加入する。

V.A "A Night of Presepe 〜プレセペの夜〜" (1998年 / Swivel)

Thelonius Monkeysが立ち上げたスウィーベルレーベルのコンピレーションCD。The Sleepwalkはユニット史上最もポップなナンバーとも言える "Cosmic Boy"を提供。

Slang "Sapporo City Hard Core"
(1998年 / Straight Up)

1993年にレコーディングされた札幌ハードコアパンクシーンの代表格Slangのアナログ盤フルアルバム。当時はサポートメンバーながら全曲ドラム参加。

V.A "Sadesper Record"
(1998年 / Sadesper Record)

COTDのNARASAKIが企画に携わるコンピレーションカセット。The Sleepwalkは "Clouds"で参加。他にはSadesper Record(Narasaki)/ Hot Toasters / God is Goneなど収録。幻の音源の1つ。

"Moon" (1997年 / Ascii + Love-De-Lic : Playstation)

従来のRPGとは異なる様々な斬新システムが盛り込まれたPlaystationのゲームソフトで、今も根強い支持を誇る。The Sleepwalkとして2曲を提供し、好評を得る。ゲーム業界に携わる初仕事となる。

V.A "Moon Original Sound Track" (1997年 / One-Der)

Playstationのヒット作RPG "Moon"のサウンドトラック盤。The Sleepwalkはゲーム中BGMの "Reach-Air-Burst"で参加。他にはThelonius Monkeysを中心に、5アーティスト23曲が収録。レア音源の1つ。

The Sleepwalk "Advent-Neww-w" (1996年 / Ri-Deam)

Mamiとの2ピースになってから発表された4thデモ。男女融合の色合いが顕著に表れ、ロリータポップが交錯する新天地を迎える。今までに無いキャッチーな一面も見せ、進化系シューゲーザーカオスも健在。

The Sleepwalk "Vom★★Vom"
(1996年 / Ri-Deam)

同年、引き続き発表された5thデモ。MY BLOODY VALENTINEとは明らかに異なる男女共存の完成形を確立。エレクトロ・シューゲーザー・ポップの土台とも言えるオリジナリティを打ち出した作品。

Air-Labo "Crown" (1996年)

現在The WarmのHtwと共に参加していたニューウェーブ / オルタナティブ系ロックバンドAir-Laboの4曲入りデモテープ。ドラムとボーカルで参加。プロデュース / レコーディング / ミックス / アートワークも手掛ける。80年代と90年代がミックス。

V.A "Greatbluething"
(1995年 / O'gbt)

USAのグラインドコアバンドDiscordance AxisのJon ChangによるオムニバスCD。The Sleepwalk参加作品。他にDxAx / 吉田達也 / Merzbow / Melt-Banana / Multiplex / Def Masterなどの顔ぶれ。

怒髪天 "痛快!ビッグハート維新'95 " (1995年 / Soy Sauce)

R&E(リズム & 演歌)を確立し、今や絶大な人気を誇るロックバンド怒髪天が1995年に発表した作品。キーボードアレンジや効果音で参加。このアルバム発表からバンドはしばらくの間活動休止期間へと突入。

Volume Dealers "Puzzle of Epoch" (1994年 / Wisdom Tooth)

変幻自在の複雑なリズムパターンと轟音ギターによって唯一無二のオリジナリティを確立したネオハードコア / オルタナティブの雄、Volume Dealersの1stアルバム。効果音アレンジとコーラスで参加。

The Sleepwalk "Snowman in Northernspace"
(1994年 / Ri-Deam)

打ち込みベースのダークでサイケデリックなサウンドへと急変した2ndデモ。その深い内交性と混沌としたノイジーな音像が評価を二分した。代表曲 "Freeze Love"収録。

The Sleepwalk "Mindsteepin' Your Mindancin'"
(1994年 / Ri-Deam)

既にバンド編成の面影は無く、完全なソロワークとして制作された3rdデモ。エレクトロ・シューゲイザーとも言うべきオリジナルサウンドへ早くも到達した初期完成形。

Cowpers "Scabby Head"
(1994年 / Fishfork)

2002年の解散に到るまで、そのメロディックでエモーショナルかつオルタナティブで パンキッシュな音で多くのファンを魅了してきたCowpersの1stデモ。ミックスダウン及びプロデュース作品。 センチな轟音。

ペンペン草 "観覧 / 時間の雨"
(1994年 / 魚の目)

Satanic Hell Slaughter脱退後、その音楽性に惚れ込んで加入した和風アヴァンギャルド / オルタナティブ系ロックバンド、ペンペン草の長篇2曲入りデモテープ。ミックスダウン及びプロデュース作品。

Moth-Wish "Dreamechanization"
(1993年 / Ri-Deam)

ソロの電子音楽家としては初の音源。今で言うエレクトロニカと呼ばれる、アーティスティックでファンタジィ性溢れるポップなナンバーが満載。原点と言える作品。

The Sleepwalk "Flee From The Blind Cage!" (1993年 / Ri-Deam)

ストレートでノイジーで軽快なシューゲーザーにエフェクティブなボーカルや幻想的なサンプリング音像が融合したThe Sleepwalkの1stデモ。デビュー作。

V.A "To The Mallow...Japanise Deathnology 撹乱"
(1993年 / Toys Factory)

トイズファクトリーよりリリースされた、日本のグラインドコア / デスメタルバンドが収録されたコンピレーションCD。Satanic Hell Slaughter参加。

V.A "Appointment with FearVol.2" (1993年 / Cyber Music)

オランダのCyber Musicよりリリースされた世界各国のグラインドコア / デスメタルバンドが収録されたコンピレーションCD。Satanic Hell Slaughter参加。

V.A "TVVA Less Than TV Samoler" (1992年 / Less Than TV)

レスザンTVレーベル発足コンピレーションCD。God's Guts / U.G.Man / DMBQ / Bloodthirsty Butchers / Guitar Wolfなど豪華バンドが多数収録の名盤。Satanic Hell Slaughter参加作品。

V.A "Thrashing Death Power"
(1991年 / Selfish)

今は亡きSxOxBのTottsuanプロデュースによる当時の日本のグラインドコア代表3バンドを収録したオムニバスCD。Satanic Hell Slaughterの代表作でもある。このCDをきっかけにSxHxSの知名度は全国区へ。

V.A "Sapporo City Hard Core"
(1990年)

Slang / FxUxP / Satanic Hell Slaughterの3バンドによるオムニバス・ソノシート盤。ドラマーとして初の音源。GuitarのNORI-Changが急遽ボーカルとなったレア音源でもある。伝説の1枚。

V.A "日本の吹奏楽'83 Vol.1 中学校編" (1983年 / CBS Sony)

実はデビュー音源はメジャーレーベルだったりする。吹奏楽の甲子園 "普門館"で演奏された全出場団体の音が、こうしてレコードとして発売された。その演奏レベルは高い。パーカッションとして舞台に立つ。